まずは近況を報告しあう

一番身近で手軽なストレス発散法として「家族と話す」ということが挙げられます。しかし、仕事や学校が忙しいとなかなか家族と会話をする時間がないという方も多いのではないでしょうか。実は一番身近なストレス発散法が一番取り組みにくかったりします。そこで、意識して休日に会話をするように心がけてみてください。「最近、職場・学校でこんなことがあった」「今これに取り組んでいる」「今度こんなことをしてみようと思う」など、何でも大丈夫です。家族でも意外と知らないことがあり、新鮮な気持ちになるかもしれません。そうして会話をしている内に、自然と心がスッキリしていることと思います。大切な人とお互いの近況を報告し、励ましあうことで、自然とストレスを発散することができます。

友達と話して盛り上がる

一人暮らしなどで家に帰っても話し相手がいないという方は、積極的に友達と話しましょう。実際に会う・通話・ビデオ通話・チャットなど、その方法は様々かと思います。何気ない話をしてもいいですし、共通の話題で盛り上がるのもいいですね。最近は、通話をしながら一緒にオンラインゲームをしている方も増えてきています。友達と話しながら同じことができるというのはとても楽しく、ストレス発散にも最適です。 「通話などをする友達がいない」という方は、SNSなどでの知人とメッセージでやり取りするのも効果的です。SNSで繋がっている方とは同じ趣味のことが多いでしょうから、自分の好きなことについて語ることができ、楽しい時間を過ごせることかと思います。家に一人だとしても、誰かと楽しくコミュニケーションを取ることで、ストレスを発散することができるはずです。

日曜日の夜になると憂うつになることはありませんか?一時的なだけなら心配ありませんが、続くようなら品川の精神科で診てもらえます。